岩手県の出会いパーティー出会い一覧

只今23件の開催情報を掲載中!

DEAIBAR



開催エリア

年齢制限

参加費用

 円

イベント種別

開催時間帯

時 ~

過去開催分


開催予定のイベントはありません。




岩手県の出会いスポット

わんこそば

岩手といえばなによりの名物は「わんこそば」です。
観光で訪れることはもちろんですが、イベントや地元の友人同士でワイワイと参加してもきっと盛り上がることでしょう。
岩手でわんこそばを楽しむには、「盛岡駅」近辺へ足を運んでみましょう。
観光客向けのイベントやお蕎麦屋さんで気軽に楽しむことが出来ます。
活気ある雰囲気とおいしいお蕎麦を楽しむ事で、初対面の者同士が打ち解けるにはおすすめのスポットです。
まずは、定番のわんこそばで盛り上がり、その後、ドライブや夜景をというプランが岩手を楽しむおすすめコースです。

道の駅 厳美渓

趣味はドライブ、バイクでツーリングというアクティブ派におすすめの出会いスポットは、「道の駅 厳美渓」です。
国道342号線にあり、道の駅という概念を覆すほどの絶景スポットです。
道の駅といえばドライブやツーリングの合間の立ち寄り先として楽しみの1つでしょう。
同じ趣味を持つ者同士、バイクを止め一息つきながら、色々な話をする事も出来、新たな出会いにもきっとつながることでしょう。
このみちの駅は、岩手の名産である「もち」でも実は有名なユニークな道の駅です。
なんとレストランでは「もち」に関するメニューが300種類以上もあるという驚きのラインアップです。
併設の資料館では、「文化」としての「もち」を知る事が出来ます。
立地は、一関温泉郷の一角でもあるので、ドライブやツーリングの合間に湯につかる事も出来、一日満喫できるスポットとして、岩手県民だけでなく、県外からも多くの方が足を運ぶ人気スポットです。

浄土ヶ浜

「青の洞窟」という言葉を耳にしたことがありますか?イタリアにある青く澄んだ洞窟は世界有数の絶景スポットとして有名でしょう。
人生のうちで1度は訪れてみたい憧れの地と言われています。
実は、そのイタリアの青の洞窟にも匹敵するといわれる「青の洞窟」が岩手にもある事をご存知でしょうか?
岩手県宮古市にある「浄土ヶ浜」です。
この浄土ヶ浜は環境省による「快水浴場百選」、日本の水浴場88選、かおり風景100選、日本の渚百選、日本の白砂青松100選にと数々の絶景地ランキングに選出されるほどの岩手の誇る絶景地なのです。
この浄土ヶ浜にある「「八戸穴」と呼ばれる洞窟が「青の洞窟」です。
まるで絵画のように澄んだこの洞窟には、観光用の小さなボートで入る事が出来ます。
小さなボートですから、お互いに身を寄せ合いながら絶景を楽しむ事ができ、出会いの記念にきっと一生の思い出になる事でしょう。

岩手県の出会い方

岩手での出会いといえば「紹介」が圧倒的です。
紹介といってもスタイルは様々で、共通の友人主宰の飲み会、キャンプなどのアウトドアイベント、花火大会などの地元の祭りなどもあれば、会社の上司や親戚などからのかしこまった雰囲気のものもあります。
どのようなスタイルであっても、お互いに何かしらの接点がある場合が大半でしょう。
場合によっては、幼いころに遊んだ相手と20年以上たってからの再会というものもあることでしょう。
地元密着な人間関係の強い岩手ながらのスタイルと言えます。
中には、大学進学や就職で岩手を離れてしまい、その後地元とは疎遠になってしまったということも少なくはないでしょう。
就職や転職、結婚を意識するようになり岩手に戻る場合、転勤を機に岩手に転居する場合には、新たに人間関係を構築しなければなりません。
このような場合、積極的に婚活イベントへ参加をしていきましょう。
古くからの友人はすでに結婚してしまっていることが多く、独身者の紹介は苦戦するものです。
いつか誰かに紹介してもらえるかも・・・と楽観的に考えたり、出会いをあきらめてしまうのではなく、出会いを手に入れるには数をこなすことが大事だと言う事をしっかりと受け止めておきましょう。

岩手県の出会い事情

岩手といえば、麺グルメが充実している事で有名です。
でも一方でビジネスにおいても大きな特徴があり、多くの企業が岩手に「挑戦の場」を置く事でも注目されています。
岩手の県民性は、郷土愛がとても強く、昔ながらのつながりを重視します。新しい事 を受け入れるよりも、昔ながらの伝統を重んじるのです。
ですから、企業の提案した新たな取り組みが岩手で受け入れられるという事は、その厳しい目で認められたという事につながり、今度大きな成功へとつながる可能性があるとされているのです。
出会いや結婚に関しても同様で、昔ながらの「出会い方」がよしとされています。
SNSを活用した出会いは気になるものの、なかなか実際には・・・と躊躇してしまうようです。
同級生、同級生の兄弟、知人、同僚、親戚からの紹介、幼馴染といった身近な環境からの出会いが定番のスタイルといえるでしょう。
進学や仕事で大人になってから岩手へと転居した場合には、最初はその県民性を閉鎖的と捉え、出会いはないものとあきらめがちです。
でも、閉鎖的と捉えずに、横のつながりが強いと捉えてみてはどうでしょうか?自分から積極的に紹介を依頼するようにする事で、きっと思いもよらぬところで、素晴らしい出会いにつながることでしょう。

市区町村を選択してください閉じる

選択する